5/27AMにペアリングに成功した「ベリー&マリン」の稚魚誕生

2021.5.29AM〜*孵化開始

昨夜までクリーム色だった卵が透明になっていました
2021.5.29CA-BerryB1
ベリー君が泡巣の下に張り付くようになり、、、
2021.5.29CA-BerryB10
落下し始めた「稚魚」発見
2021.5.29CA-BerryB1015
泡巣が産卵ケースの中央で撮りにくいなぁ、、、と思っていたら
いつの間にか、撮影スポットの手前に稚魚が並んでいました

もしかして 何度も何度ものぞき込む私に気を遣ってくれた
2021.5.29CA-BerryB1057
徐々に慌ただしくなってきた、新米ベタパパ「ベリー君」
しばらくは、静かにそ〜〜〜っと 見守ります
2021.5.29CA-BerryB11
  .。o○o。.★.。o○o。.☆ .。o○o。.★.。o○o。.☆ .。o○o。.★.。o○o。.☆

我が家で産れ育った唯一の雄ベタ「ベリー君」

尾ひれの成長がいまいちで、泳ぎもぎこちなくて
順調に育ってくれるのかと心配でしたが・・・

プラティ水槽では、浮かべていたケースを飛び出し
気がつくとプラティ稚魚と一緒に遊泳中

ベタだと自覚しているのか と紅ちゃんと対面させると
一生懸命フレアリングしながらケースの周りで必死にアピール

プラティ稚魚に負けじと水槽内を目一杯泳いでは、、、昼寝

そんなこんなで愛くるしい「ベリー君」がパパになって
感慨もひとしおなのです

  .。o○o。.★.。o○o。.☆ .。o○o。.★.。o○o。.☆ .。o○o。.★.。o○o。.☆

親離れした「ベタ稚魚」たちの「餌やり・水換え」のタイミングは
何度挑戦しても中々大変な作業だと実感

食べ残しの餌や☆となってしまったBabyだけ吸い取るのは至難の業で
スポイトで吸い込んでしまう稚魚を選別してケースに戻すを何度も繰り返し
半分くらいの水をかえています。

水質悪化で全滅したこともある中
環境の変化に対応しながら丈夫に育ってくれたのが
「♀キラリちゃん」「♀紅ちゃん」「♂ベリー君」なのです

昨年のコロナ騒動から1年が過ぎ、今年も未だ先の見えない日々が続く中
3匹が無事に成長してくれて、ママやパパになってくれた事
我が家でペアリングに成功したカップルの「孫」が産れているって、、、不思議

人それぞれ色々な環境下の中
自分が今こうして過ごせて居られることへの感謝の気持ちを忘れずに・・・

今は、1ヶ月〜3ヶ月の難関を乗り越えてくれる稚魚を大事に育てたいと思います

  .。o○o。.★.。o○o。.☆ .。o○o。.★.。o○o。.☆ .。o○o。.★.。o○o。.☆

無理して、頑張ってる風にはしない
気持ちが落ち込んでしまう日もあるけど

  我が家の「熱帯魚」の成長や
  我が家の「花たち」の生長とともに
現状を乗り越えていこうと思います